セルセラテオラ、羊プラセンタのこといろいろ

セルセラ テオラの基礎知識、プラセンタとは?

プラセンタとは胎盤のこと



プラセンタは、胎盤のことで、英語でプラセンタと呼ぶのです。
プラセンタというと今注射で使われているのは人間のヒトプラセンタですが、
一般的には家畜の胎盤のことを呼ぶのです。

動物は出産の後、赤ちゃんといっしょに出てきた自分の胎盤を食べます
何のためかというと、体力を回復させるためにです。

出産はとても重労働です。出産で失った体力をすぐに回復させるために
栄養満点の胎盤を食べるのです。

では胎盤はそんなに栄養満点なのでしょうか?
そうなのです。胎盤は赤ちゃんがお腹にいるときに栄養を送る重要な役割を担っているのです。
3大栄養素やビタミンミネラルなど、赤ちゃんが丈夫に育つように、栄養素を蓄えているのです。

セルセラ テオラの基礎知識、プラセンタは美容に使われてきた

プラセンタはマリーアントワネットも飲んでいた



そんなプラセンタは最近、美容の世界で注目を浴びています。
何がかというと、若返りの薬としてです。

胎盤は薬ではありませんが、人間は古くから美容の薬として珍重してきました。

紀元前4世紀にはヨーロッパで治療薬として扱われていたのです。
そして中国では、秦の始皇帝が不老長寿の薬として飲んでいたそうです。

また美貌で有名なクレオパトラやマリーアントワネットも、美容の為に、プラセンタを飲んでいたといわれます。

そして漢方にも胎盤は薬として存在し、日本でも江戸時代に民間薬として使用されていたのだそうです。

セルセラ テオラの基礎知識、羊プラセンタは優秀なプラセンタ

羊プラセンタは優秀それがセルセラテオラ



日本でこれまでプラセンタというと豚や馬が多かったのではないでしょうか
ではなぜ今、羊プラセンタなのでしょうか

実は世界では、羊プラセンタのほうが多く使われているのです。
日本ではかつて牛のプラセンタを主に使っていました。

しかし、あの狂牛病の時に、牛や羊、山羊の使用に日本政府から制限がかけられたのです。
手に入れやすい、馬や豚のプラセンタが日本で増えた理由です。

でも羊プラセンタは、馬や豚のプラセンタより優秀です。
羊は免疫力の高い動物なのです。飼育しやすい動物で

主にニュージーランドの羊を用いますが、ニュージーランドは羊を徹底管理する国なのです。
十分に栄養の行き届いた羊のプラセンタは、アンチエイジングの救世主として
近年になって、日本で注目されだしたのです。

そんな羊のプラセンタを高濃縮したのがセルセラの羊プラセンタで
セルセラテオラは買い求めやすい価格で販売している流通版です。

セルセラテオラの詳しい内容についてはこちらをご覧ください
セルセラテオラの口コミ!羊プラセンタで4ヶ月ですごい効果を体験できる!公式サイト教えます

 

サイトマップ